会津北嶺高等学校

建学の精神は「博愛・自由・平等」
全科1校時50分、完全7時間授業

資料請求

校長の昔話。目黒勝男先生のこと

 本日は本校の野球部及び長年監督を務められていた目黒勝男先生のことをお話しさせて頂きたいと思います。私が本校の生徒だった昭和41年~43年の頃、現在の県立博物館の位置に市営野球場がありました。当時の野球部の大会では週末になると男子全員で会場へ向かい、吹奏楽部の演奏や応援団も含めて800名以上で大声を張り上げ、フレーフレーと応援したものでした。

 資料に当時の野球部が東北大会に出場した記録が残っています。昭和39年1回戦3-2、昭和40年1回戦11-1、昭和41年1回戦4-7、昭和42年1回戦5-1。在校生だった私自身も母校の強さを感じていましたし、先輩からもそうした大会実績に関する自慢話をよく聞かされていました。

 その後私が本校に教員として勤務して12年ほど経った頃、監督の目黒勝男先生が現在も神指城址の位置にある本校の野球場に重機を持ち込み、ブルドーザーやパワーショベル、ロードローラー等を驚くほど見事に使いこなされ立派に整備されました。当時珍しかったバッティングマシーンやマイクロバスを購入し、部員数も増えました。

 練習環境が整えられたためか、しばらく良い結果を残せていなかった大会でも少しずつ得点できるようになり、平成3年1回戦5-7、平成4年1回戦1-8、そして平成5年の夏には1回戦8-7、2回戦10-6と勝ち進み、3回戦へ進出する事ができました。結果3回戦では夏の甲子園出場経験校を相手に0-12で涙を飲みましたが、その様子は新聞やTVでも報道され、私も嬉しかった思い出があります。ちなみに過去39年間で本校野球部を率いて県大会で2勝した監督は、目黒勝男先生だけです。

 それから全国的な生徒数の減少を原因に部員数が減り、マイクロバスも無くなって練習時間が減少した結果、創部39年目に野球部は一度幕を引くことになりました。毎年楽しみにしていた大会が無くなってしまい、野球シーズンなると私達卒業生は寂しい思いをしたものでした。

 休部から16年後となる平成30(2018)年、本校野球部は監督に元第一工大(鹿児島県)硬式野球部コーチの篠原良先生を迎えて再開され、新生野球部の新入部員3名は神指町の専用グラウンドで「目指すは甲子園」と高い志を持って練習を始めました。

 再開1年目の大会では25年前にも対戦した夏の甲子園出場経験校に2回戦で当たり、0-39で惨敗してしまいましたが昨年(令和2年)の大会では強豪校を相手に初回に5点を上げられるようになり、同じく昨年の第43回全会津高等学校野球選手権大会でついに10-0の5回コールド勝ちを収める事ができました。チームのコーチに甲子園出場経験を持つ木口さんを迎え、部員も北海道・関東・関西・沖縄等、全国から集まるようになっています。

 目黒勝男先生に先日、今年の春には野球部の練習専用のビニールハウスを全会津で一番の大きさで作りますと報告のお電話を入れた所、入院されている事が分かりました。先生は再開直後から、練習試合や本試合に応援にお出でになり、野球部員を褒め、応援して下さり、本当にありがたい方です。先生のご病気が一日も早く治るよう、心より祈っております。

カテゴリー: 校長の一言