会津北嶺高等学校

建学の精神は「博愛・自由・平等」
全科1校時50分、完全7時間授業

資料請求

ザベリオ学園関博之校長先生の突然の訪問。一人勝ちを続けるのか!

4月14日11時頃電話があり、今郡山のザベリオにいる。午後訪問したいが良いかと電話があり、午後2時30分にご来校されました。申し入れ書の内容のことでした。その事について、市内の看護高校の校長に同席して欲しいと電話を入れましたが、参加できないとの事。

関博之校長先生からは、市内私立高校3校は全会津中学校校長会に等しく中学校説明会に参加できる様にザベリオ学園関博之校長先生が御願いの文書を書くので、会津北嶺高校も署名して欲しいとのこと。それから募集定員ついてはいつでも話し合いを持つとのこと。しかし会津ザベリオ学園高校の募集定員は160名であると言い張る。と言うことは2割増しの192名までは入学されても県から指導されない。会津の私立高校の実数は320名前後であり、そこからザベリオ高校が192名取ると残りは128名ですが、現実は平成30年には230名の入学者があり320-230=90名となり市内2校は危機にたたされました。

ザベリオ学園関博之校長先生にお話しても、本校は入学者が多くて困っている・・・・相手にされませんでした。今回あまりにも学校案内にウソが多く会津ザベリオ学園に訪問したときに関博之校長先生の口から、あってはならない事を聞き驚愕したのです。それでも今後はデタラメな入学案内はないからと、関博之校長が今後はそのようなことが無いようにすると玄関で最敬礼していただいた。しかし翌日本校の事務長に私学・法人課の小檜山主幹からザベリオ学園に対してそんなことをしていると、上に上げるしかないと電話があったと報告があり、ビックリしてザベリオ学園関博之校長先生にお電話し何をおっしゃったのですかとお聞きしたら、私はなにも言っていないよ、鈴木事務長が石山学園石山さん来たことと学校案内の事を県庁に話したらしいとおっしゃった。このような方は真義もなにも無いと思い、私学・法人課小檜山主幹にお話ましたが、なんせ一介の校長がお話しできる方ではないので、訳分からない事繰り返すからと電話切られました。ザベリオ学園は宗教の授業していないのに宗教の単位取得証明書を出していることを県私学・法人課に通報しました。

この件を検察庁に告発する。カトリック教育連名に通報すると言ったら、やっと動き出したのです。14日の帰り際に関博之校長先生から私を信用しないのですか、160名以上取らないと言っているのにとおっしゃったが、信用できませんと言いました。4月19日も関博之校長先生からお電話がありましたが定員160名は譲らないそうです。看護高校にもアプローチをしているらしいです。会津3校が困らないためにザベリオ学園は定員130名で2割増しの156名で経営できるはずです。今年看護高校は定員80名に25名の入学です。

カテゴリー: 校長の一言